2010年11月21日

日本最初のガス灯

1872(明治5年)9月
高島嘉右衛門らの日本人会社が、ガス塔事業を開始。
明治3年に伊勢山下石炭蔵跡に工場建設が進められ、同5年9月に大江橋から馬車道、本通りにかけて、日本最初のガス灯が点火されました。

untitled.bmp
1872(明治5年)11月
外国人の出資会社であるヒョーゴ・ガス・カンパニーが創立。
1874(明治7年)、小野浜に工場を完成し、11月に居留地のガス灯が点灯しました。
相楽園旧ハッサム邸にあるガス灯は明治7年当時のものといわれています。

高島嘉右衛門について [ウィキペディア]←クリック
posted by NETMKスタッフ at 11:21| 兵庫 | Comment(0) | 神戸発祥物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。