2011年04月28日

マラソン発祥、神戸にLC寄贈 神戸マラソン、出発地の市役所に

◇11月に第1回
 日本のマラソン発祥の地・神戸を記念した石碑が26日、神戸市役所(神戸市中央区)に設置された。「第1回神戸マラソン」が11月20日に開催されるのを機に、神戸須磨ライオンズクラブ(井上裕崇会長)が寄贈した。

 市役所は、神戸マラソンのスタート地点。石碑は緑色と赤色の御影(みかげ)石製で高さ1・3メートル、幅約1・4メートル。石をくりぬいてランナーのシルエットを表現し、「日本マラソン発祥の地 神戸」と日本語と英語で書かれたプレートも付けた。

 日本初のマラソンは、明治42(1909)年3月21日、神戸−大阪間を走った「マラソン大競走」とされる。20人のランナーが湊川埋め立て地(現在の新開地)をスタートし、新淀川の西成大橋までの31・7キロを18人が完走した。

 大会を主催した大阪毎日新聞は、沿道で子どもたちが旗を振り、ゴールした選手を花電車が迎えるなど華やいだ様子を伝えている。

 同クラブは「マラソンが神戸発祥の地ということは市民にもあまり知られていない。ランナーには、発祥の地で走るという喜びを感じてほしい」と話している。【大金紗知子】
posted by NETMKスタッフ at 08:30| 兵庫 ☔| Comment(0) | 神戸発祥物語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。