2018年02月01日

 シニア情報生活アドバイザーマガジン   (第162号−2018年1月31日)

=================================
   シニア情報生活アドバイザーマガジン   (第162号−2018年1月31日)

  □■□■□■□■□■
  ■        □
  □ MELLOW ■                         
  ■        □    発行:一般財団法人ニューメディア開発協会
  □■□■□■□■□■        シニア情報生活アドバイザー事務局

 □===============================

□  <目次> 

 □===============================

[トピックス]

 ● 来年度のシニア情報生活アドバイザー更新講座について

 ●「シニアネットフォーラム21in東京2018」の開催内容が決定

   参加お申込みも受付開始

[スキルアップ講座]

 ●「Skype」のグループビデオ通話(最大10人)が可能に

        −−− メロウ・マイスター 臼倉登貴雄 −−−

 □===============================

□  トピックス

 □===============================
 
 ● 来年度のシニア情報生活アドバイザー更新講座について

 先月号でもお知らせ致しましたが、今年度のシニア情報生活アドバイザー更
新講座につきましては  2月末をめどにテキストを準備中でございますので、3
月中旬ごろより今年度対象者(有効期限平成30年3月末日)の方にはご所属のシ
ニアネット団体等よりお知らせが参りますのでお待ち願います。

 規定上、ご所属のシニアネット団体等が講習会を実施するまでは、4月以降も資
格は有効でございますのでご安心願います。

 お問い合わせの場合は当協会事務局まで。

 ●「シニアネットフォーラム21in東京2018」の開催内容が決定

  参加お申込みも受付開始いたしました。

 「シニアネットフォーラム21in東京2018」の開催内容が下記のように決定いたし
ました。本日よりお申込みも開始いたしましたので皆様のご来場をお待ち申し上げ
ております。

  シニアネットフォーラム21のホームページ。
  http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/snf2018/snf2018.html

 今年度のプログラムは、

  1)内閣府の長谷川殿より、高齢者とマイナンバーカードについて
  2)マイクロソフト大島殿のより最新の技術動向
  3)フェイスブックジャパン長谷川社長殿のフェイスブックについて
  4)東京大学檜山先生によるAIを用いた高齢者の就労支援
  5)当協会川村による本年度からスタート予定のスマホ・タブレット講座の
    説明を予定しております。

  シニアネットフォーラム21 in 東京2018

  日 時 :平成30年3月9日(金)
  主 催 :一般財団法人ニューメディア開発協会
  後 援 :経済産業省(予定)、総務省(予定)
  協 力 :日本マイクロソフト株式会社    
  定 員 :200名
  参加費 :無料 (懇親会は有料\2,000円)
  場 所 :東京グランドホテル(東京都港区芝2-5-2) 

  挨拶  (9:45〜10:00) 
  主催者挨拶 
   一般財団法人ニューメディア開発協会 理事長 永松荘一
  来賓挨拶
   経済産業省  商務情報政策局情報政策課 
   情報プロジェクト室長 中野 美夏氏
  基調講演 (10:00〜10:45)
   「高齢者のマイナンバーカード利用について」
   内閣府大臣官房番号制度担当室 参事官
   (兼)内閣官房番号制度推進室 内閣参事官  長谷川 孝氏
  特別講演1 (10:50〜11:35)
   「2018年 ~AI等最新動向のご紹介~」(仮題)
   日本マイクロソフト株式会社プリンシパルアドバイザー 大島 友子 氏
  特別講演2 (11:40〜12:25)
   「#100 年ずっ友プロジェクト?人生100年時代のSNSいきいき活動?」の展開
   フェイスブック ジャパン株式会社 代表取締役 長谷川 晋 氏
   懇親会及びシニア情報生活アドバイザー特別表彰(12:45〜14:00)
        有料¥2、000円
  特別講演3 (14:15〜15:00)
   「高齢者の就業マッチングシステムGBERAについて」
  東京大学先端科学技術研究センター講師 檜山 敦 氏 
  新規事業説明 (15:00〜15:45)
  「シニア情報生活アドバイザーのさらなる活躍を目指して」
  スマホ・タブレットマスター養成講座の開設に向けてのご説明
    一般財団法人ニューメディア開発協会
    企画・シニアネット推進グループ部長 川村 健三

 □===============================

□  スキルアップ講座

 □===============================

 ●「Skype」のグループビデオ通話(最大10人)が可能に

            −−− メロウ・マイスター 臼倉登貴雄 −−−

 久しぶりに Skype の紹介です。

 今回の紹介は、2017年10月30日に新しいデスクトップ向け「Skype」アプリが公開
(リリース)されたからです。

 公開されたSkypeアプリの最大の特徴は、グループビデオ通話(最大10人)が可能
になったことです。

 従来のデスクトップ版 Skype for Windows も、これまでどおり使用できるようで
す。

 スタートメニューには二つのタイルがあるので紛らわしいですが、新しく公開さ
れた skydrive アプリのタイルはSkypeのロゴが白くなっていますので区別し易いで
す。

 Skype の良いところは、以前にも紹介しましたが、無料で、インスタント メッセ
ージ、音声通話、ビデオ通話、ファイル交換、ディスクトップの表示などができる
ことです。

 また、Windowsに限らずandroidやiOSの各デバイス間での利用が可能だということ
です。

 特に今回の公開で、グループビデオ通話(最大10人)が可能になったことは素晴
らしいことといえるでしょう。

 では、グループビデオ通話の方法について紹介します。

1.グループメンバーを登録します

1-1 グループメンバーの登録は、「Skypeを検索」ボックスの右側にある「新規」
ボタンをクリックし開かれたメニューの「新しいチャット」をクリックします。

1-2 「新しい会話」画面が開かれましたら「Skypeの連絡先」に表示されているユ
ーザーアカウントからグループに参加するメンバーを探しチェックボックスにチェ
ックを入れ「開始」ボタンをクリックします。

1-3 「会話の設定が完了しました」が表示されればメンバーの登録は完了です。
  ※「会話の設定が完了しました」には参加者の追加ボタンや「他のユーザーを
招待」の機能がありますが、この紹介は後にします。

2.グループビデオ通話を開始しましょう

2-1 グループビデオ通話を開始するには、「グループユーザ」のマークの付いたア
カウント(人が3人並んだアイコン)をクリックします。

2-2 アプリ画面の右上にある「ビデオ」のボタンをクリックしますとグループの全
員に接続が開始されます。

2-3 接続すると接続された友達のアイコンが画面の下部に表示されます。

2-4 接続された友達がビデオ通話を有効(「/」の付いたビデオアイコンをクリッ
ク)にするとビデオが有効になり画面に友達のカメラ映像が表示されます。表示は
画面に分割して表示され4分割が最大です。

2-5 有効なビデオボタンをクリックするとビデオボタンには「/」が付き映像は消
えます。

2-6 同様に、マイクボタンをクリックすると会話が可能になり、再度クリックする
と会話は止まります。
  ※会話する必要の無い時は、余計な音が入ってしまうので止めておくと良いで
しょう。

2-7 退出する場合は、赤い電話マークをクリックします。

3.参加者の追加

3-1 参加者の追加は、連絡先一覧にある「グループユーザ」アカウントをクリック
します。

3-2 メッセージ欄のトップ(先頭にスクロールすると現れます)にある「参加者を追
加」ボタン(丸に+)をクリックします。
  ※Skypeアプリの右上にある「ユーザーの追加」ボタン(人のマーク)をクリック
しても可能です。

3-3 「参加者を追加」の画面にある「Skypeの連絡先」に表示されているユーザー
アカウントからグループに参加するメンバーを探しチェックボックスにチェックを
入れ「追加」ボタンをクリックしますと追加は完了です。

4.グループビデオ通話の会話の途中でも参加者の追加はできます。

4-1 会話中に追加する方法は「設定」ボタン(コントロールボタンの「・・・」)を
クリックします。

4-2 開かれたメニューの「この通話にユーザを追加」をクリックします。

4-3 表示された「参加者を追加」画面で追加したいユーザのチェックボックスに
チェックを入れ「グループを作成」ボタンをクリックします。

5.グループビデオ通話のメンバーから退出するには

5-1 グループビデオ通話のメンバーから退出するには、退出する「グループユー
ザ」アカウントを右クリックします。

5-2 開かれたメニューの「会話から退出」をクリックします。

5-3 「会話から退出」の画面の「退出」ボタンをクリックすれば退出完了です。

6.グループビデオ通話を削除するには

6-1 グループビデオ通話削除するには、削除する「グループユーザ」アカウントを
右クリックします。

6-2 開かれたメニューの「会話を削除」をクリックします。

6-3 「会話を削除」の画面の「削除」ボタンをクリックすれば削除完了です。

7.便利な機能も備わっています。

7-1 グループビデオ通話しながらのチャット

 グループビデオ通話中に右上端ある「メッセージ」ボタンをクリックすると開始
できます。

7-2 通話しながら連絡先一覧表示

 グループビデオ通話中に左上端ある「連絡先」ボタンをクリックすると表示でき
ます。

7-3 デスクトップ画面の共有

 グループビデオ通話中に「設定」ボタン(コントロールボタンの「・・・」)をク
リックし開かれたメニューの「画面を共有」をクリックします。

 「画面を共有」画面が表示され共有可能なディスプレイが表示それます。共有し
たいディスプレイをクリックして「OK」ボタンをクリックしますと共有が開始さ
れます。

7-4 顔文字の挿入

 グループビデオ通話中に画面右下のほうにある「顔文字」ボタンをクリックする
と顔文字のリストが表示され選択できます。

 今回の紹介は、ここまでと致します。

              記:臼倉 tokio@usukura.com
                 http://www.facebook.com/usukura.jp

              シニア情報生活アドバイザー活動支援
                 https://www.facebook.com/sitadv/

 □===============================

□  原稿募集

 □===============================

 ★アドバイザーやシニアネットワーカーの皆さんからの投稿をお待ちしています。
  日頃の活動を紹介して下さい。紹介文は1,000字以内でお願いします。

 ★シニアネットやアドバイザー養成団体の活動を紹介いたします。
  日頃取り組んでいる活動についてお知らせ下さい。シニアネット/養成講座実
  施団体訪問コーナーで紹介したいと思います。

 ★スキルアップについて掲載して欲しい内容などがありましたら遠慮なくご連絡
  下さい。またスキルアップについての投稿もお待ちしています。

                            (制作担当:臼倉)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ 関連のサイト ■□■

 ●シニア情報生活アドバイザー制度の紹介
  http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/

 ●シニアネット交流広場
  http://nmda-snr.saloon.jp//
  シニア情報生活アドバイザー専用ページへのログインは
  ID、パスワードとも nmdasa と入力してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ シニア情報生活アドバイザーマガジンのバックナンバー ■□■

  http://senior-net.sub.jp/mlma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このメールは、シニアの情報支援に携わっている方に配信しております。
 ■このメルマガは必ず目を通して下さい。時々重要なお知らせを掲載している
  場合があり、ご覧いただけないと不利益になる場合がございます。
 ■配信停止またはE-Mailアドレス変更の手続きは下記に連絡して下さい。
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■発行元/発行責任者
  シニア情報生活アドバイザー事務局
  〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町3−2 リブラビル地下1階
        一般財団法人ニューメディア開発協会内
  TEL:03−6892−5034 FAX:03−6892−5029
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■制作担当:臼倉登貴雄(メロウ・マイスター)
       tokio@usukura.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
*********************************
一般社団法人 ネットメディア こうべ
(電気通信事業届出番号E-22-03283)
   シニア情報生活アドバイザー
シニア情報生活アドバイダー養成講座
  実施認定団体 認定番号 131
  URL : http://netmk.jp/
  代表理事   滝 口  幸 男
  電話 050−5820−4800
E:mail takiguchi@netmk.jp
*********************************
【関連する記事】
posted by NETMKスタッフ at 16:54| 兵庫 ☁| Comment(0) | NETMK活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。