2020年05月17日

神 戸 市 立 森 林 植 物 園〜森からの便り〜メールマガジン 2020年05月17日号

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   ▲         神 戸 市 立 森 林 植 物 園
  ▲▲▲   ▲    〜森からの便り〜
 ▲▲▲▲▲ ▲▲▲   
   □    □    メールマガジン 2020年05月17日号
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 神戸市立森林植物園は、神戸市北区にある自然に近い形での植栽構想を
 もとに、1940年に創設された樹木植物園です。
 野鳥が飛び交う四季折々の森へ、楽しい一日をお過ごしにご来園ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 _________________________________
  このメールマガジンはテキスト形式で配信しています。
  等幅フォントで表示する(すべての文字がおなじ幅で表示される)と
  読みやすくなります。
  記事内のリンクアドレスが折返されて機能しない場合は、アドレスを
  コピーしてお使いのブラウザのアドレス欄にペーストしてアクセス
  してください。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ネットメディアこうべ様

 明日5月18日より開園のお知らせです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 1.5月18日(月)より開園いたします
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
 新型コロナウイルス感染症対策における緊急事態宣言発令にともない、
 4月11日(土)から5月31日(日)まで、臨時休園としておりましたが、
 5月15日(金)の神戸市の発表を受け、5月18日(月)より開園いたします。

 森林展示館(トイレは利用可)、売店、森のカフェなど、閉鎖している部分もございます
が、
 ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 
 なお、駐車場、送迎バスは通常通りご利用いただけます

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 2森のカフェ・売店の再開について
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

 ソフトクリームの販売は5月21日(木)から再開します。

 森のカフェ「ル・ピック」および売店は5月28日(木)からの再開予定です。
 なお、メニューを絞っての再開となりますので。ご了承ください。

 長谷池売店「パーチ」の再開は未定です。再開が決まり次第掲載します。

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨


 HPお知らせにて随時更新していきますので、ご確認ください。
 https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j00wprq05xt18ytr2uhFH



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 メールの配信中止、送信先の変更について
 メルマガ登録・停止・メールアドレスの変更はすべて自動で行って
 おりますので、下記よりお願いいたします。

 ▼配信停止・アドレス変更はこちら▼
 https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j00wqrq05xt18ytr2u7NI


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


 +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 配信 神戸市立森林植物園
 電話 078-591-0253  
 ホームページ https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j00wrrq05xt18ytr2uku9
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『神戸市立森林植物園』に掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
           Copyright 神戸市立森林植物園
転載責任者  ネットメディアこうべ
         代表  滝口 幸男
【関連する記事】
posted by NETMKスタッフ at 12:33| 兵庫 🌁| Comment(0) | NETMK活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

シニア情報生活アドバイザーマガジン  (第189号−2020年5月7日)

=================================
   シニア情報生活アドバイザーマガジン  (第189号−2020年5月7日)

  □■□■□■□■□■
  ■        □
  □ MELLOW ■                        
  ■        □    発行:一般財団法人ニューメディア開発協会
  □■□■□■□■□■        シニア情報生活アドバイザー事務局

 新型コロナウイルスの感染拡大を収束させるために、今まで以上に不要不急の
外出を自粛し、感染しない、感染させない取り組みとして、こまめな手洗いの徹底
そして、「密閉」、「密集」、「密接」を避ける行動に努めましょう。

 □===============================

□  <目次> 

 □===============================

[トピックス]

 ●非常事態宣言延長に関しての当協会の業務体制について
 
 ●令和2年度「 デジタル活用支援員推進事業 地域実証事業」の公募のお知らせ

 ●NPO団体も補助対象となります 経産省の「持続化給付金」

[スキルアップ講座]

 ●障がい者向け養成講座実施について

      −−− シニアコミュニティ宮崎 藤田 怜 −−−

[参考情報・資料]

 ●新型コロナウイルスに乗じた犯罪等にご注意ください!

 ●Facebook、Windows 10アプリの配信終了を発表

 □===============================

□  トピックス

 □===============================

 ●非常事態宣言延長に関しての当協会の業務体制について

 5月6日までの非常事態宣言が5月31日までに延長されましたことを受け、
当協会の勤務形態も継続して在宅勤務を継続いたしますが、週に数回は出勤いたし
ますので、各種の受付は以下の通りとさせていただきます。

 時間的にはお時間をいただきますことをご了解願います。

1)各種のお問合せ・ご連絡

 通常とおりにメールいただければ川村が自宅より対応させていただきます。

  080-7804-0358 又は 03-6892-5034

2)シニアド更新講座、シニアド養成講座及びスマホタブレットマスタ講座のテキ
  ストの請求

  通常通りの申請書をメールでご請求していただければ郵送いたします。

3)シニアド更新講座実施届及び更新登録申請書

  通常通りメールおよびCDROMで郵送いただければ、お時間はかかりますが
  認定証を郵送いたします(スマホタブレットマスターについても同様)

4)シニアド養成講座認定試験

  非常事態宣言解除前に実施される場合は、テレビ会議システムで試験官の立ち
  合いを予定しています。

 *今年度のシニアドの更新研修については、今回は各自自習の形で実施され
  る団体が多いようです。

 ●令和2年度「 デジタル活用支援員推進事業 地域実証事業」の公募のお知らせ

 前回、総務省より今年度の「デジタル活用支援員推進事業 地域実証事業の公募」
をご案内したとおり、5月15日公募の締め切りとなっており、今のところ公募
の延期等のお知らせはございません。

 今回の事態により皆さま打合せ等大変ご苦労とは存じますが、ご申請に向けて
宜しくお願いします。(裏を返せば合格率は高くなるかもしれません)

 全国10カ所 300万円/1カ所

 総務省 公募へのリンク

  https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000266.html

 ●NPO団体も補助対象となります 経産省の「持続化給付金」

 新感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を
下支えするために制度化された経済産業省の「持続化給付金」については、NPO
団体もその補助対象となりますので、講習中止により経済的に損害をだされている
NPO団体の方は申請をご検討されてはいかがでしょうか?

 ただし、本給付金制度については直接下記相談窓口にお問合せ願います。

****************************************************************************
 持続化給付金とは?

 感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支
えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。

 給付額

 法人は200万円、個人事業者は100万円

 ※ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。

 ■売上減少分の計算方法

 前年の総売上(事業収入)―(前年同月比▲50%月の売上げ×12ヶ月)

 ※上記を基本としつつ、昨年創業した方などに合った対応も引き続き検討してい
ます。

 支給対象

 *新型コロナウイルス感染症の影響により、売上が前年同月比で 50%以上減少
している事業者。

 *資本金10億円以上の大企業を除き、中堅企業、中小企業、小規模事業者、
  フリーランスを含む個人事業者を広く対象とします。

 また、医療法人、農業法人、NPO法人、社会福祉法人など、会社以外の法人につい
ても幅広く対象となります。

 持続化給付金(経済産業省) 5月1日から受付開始済です。

 https://www.meti.go.jp/covid-19/jizokuka-kyufukin.html

 □===============================

□  スキルアップ講座

 □===============================

 ●障がい者向け養成講座実施について

        −−− シニアコミュニティ宮崎 藤田 怜 −−−

1 はじめに

 シニアド養成講座及び認定試験実施にあたり、障がい者向け(全盲者)講座は
全く未経験であったため受講者との事前面談によって要望や講座実施可能な教材内
容を調査、ニューメディア開発協会事務局のご指導と資料提供を頂き完了いたしま
した。

 受講者は視覚障がい者グループリーダー的役割、視覚障がい者にとってスマート
フォンの進展は社会生活に不可欠なツールであること又アドバイザー認定資格の必
要性を強くお持ちで受講されたことが講座成功の基になっています。関係者皆さん
に感謝しています。

2 講座内容や講習室選定について

 下記のことを事前面談によってお聞きしました。

 1)使用するPCについて。

 2)OSバージョンについて。

 MicorosoftWindows10以降(ナレーター機能搭載や他にコルタナ機能や音声認識
機能が搭載でしょうか)

 3)日常の利用状況について。

 4)マウスやキーボード操作について。

 5)「Microsoftナレーターの詳細ガイド」についての知識と利用について。

 6)読み上げ用ファイル形式について。

 7)その他。

 (特定非営利活動法人障がい者パソコンアシストネットワーク)など、視覚障が
い者用ソフトウェア日常利用ソフトありますか。

3 講座会場での障がい者への配慮について。

 身体障がい者福祉法、施行令、施行規則等の諸規定に基づき十分な配慮が必要
です。

 例えば次のようなことがあります。

 *自分から名乗って話しかけよう。
 *体に触れるときは先ず声をかけてから。
 *講座会場の状況、座席数、出席者数位置関係など具体的に説明します。
 *席を離れるとき、戻ったときは声をかける。

 以上は、視覚障がい者向け養成講座実施プロセス準備段階での必要事項概要で
した。

4 講座実施段階ではどのように講座を行ったか

 受講者が日常利用されているハードウェアやソフトウェアを持参して行える方法
を考慮して実施しました。

 しかし、一般(健常者)受講者対象も考慮して、特別なハードウェアやソフト
ウェアは使用しない方法、一般既に利用されています Microsoft Windows10 以降
搭載機能、読み上げナレーター機能を使って実施いたしました。

 ナレーター機能については、Windows10 搭載ナレーター「ナレーターの詳細なガ
イド」機能セクションでの説明に基づいて行いました。

 機能・セッション内容等については、本投稿文字数の関係で Windows「ナレータ
ー詳細のガイド」を直接ご覧いただきたいと思います。

 (手順:<設定><簡単操作のナレーター><ナレーターを使用する>をオンに
する)

5 教材テキスト・資料等の説明について

 講座教材テキスト・資料等は全てWord文書形式ナレーター読み上げ可能形式デー
ターを用いました。

 ナレーター読み上げ形式には他にPDF形式やテキスト形式などがあります。

 しかし、注意内容説明コメント挿入など追加コメントにはWord文書形式が適切だ
と思います。

 ナレーター読み上げには、教材テキストの詳細情報を取得するレベルの設定によ
って情報の詳細度を変更できます。

 しかし、写真や枠付き挿入文書等は連続読み上げできない部分があるため、注意
口頭での説明が必要となります。

6 認定試験について

 認定試験はペーパレス化 Word文書形式修正作成いたしました。

 その一部概要を説明いたします。

 認定試験は「資格認定試験実施要領」に基づき3つの実施科目となります。

 1)プレゼンテーション試験

 この試験については教材テキストの内容と実技演習など実践行っていれば問題
ないと思われます。

 2)筆記試験

 筆記試験については、ペーパレス化 Word 文書化変換入力可能なフォームを作成
しました。

 その内容については、本投稿文字数の関係で記述いたしません。

 作成方法詳細については、MicrosoftWord「入力可能なフォームを作成する」を
ご参考下さい。

 試験監督者との事前協議が必要です。

 3)実技試験

 実技試験内容に「マウスとキーボード操作による入力」マウス入力は、全盲者に
はでないキーボード操作のみ。

 試験内容で作図入力は問題、試験監督者と操作方法について協議が必要となりま
す。

 絵を描くことはできません。

 カーソル位置の確認が取れません。

 カーソル位置は、Microsoftナレーター読み上げの場合座標XY値を読み取りできま
すが、受講者利用アプリによっては読み取りできません。

 アシスタントのカーソル位置指定確認作業が必要となります。

 講師は、ナレーター機能を有効的に行うため、ナレーター機能(ナレーターカー
ソルとキーボードフォカスを同期する)利用すると効果的です。

 以上、視覚障がい者向け認定試験講座の概要についてでした。

 文字数の関係で不十分な文書になりました。

 何かの参考になったら嬉しいと思っています。

 2020年3月9日 藤田 怜

 □==============================

□  参考情報・資料

 □==============================

 ●新型コロナウイルスに乗じた犯罪等にご注意ください!

 金融庁が注意を喚起しています。

 新型コロナウイルス感染症の発生に乗じ、不審な電話、メール、ショートメッセ
ージ(SMS)やソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、ウェブサイト等が確認
されています。

 新型コロナウイルス感染症に乗じた犯罪等の被害にあわないように、心当たりの
ない電話やメール、ウェブサイトには十分にご注意ください。

 https://www.fsa.go.jp/news/r1/ginkou/20200407/20200407.html

 ●Facebook、Windows 10アプリの配信終了を発表

 Facebookは2020年2月28日にMicrosoft StoreからFacebookアプリを削除したこと
を発表しました。

 https://wpteq.org/windows/post-56878/

 寂しいですね。


 □===============================

□  原稿募集

 □===============================

 ★アドバイザーやシニアネットワーカーの皆さんからの投稿をお待ちしています。
  日頃の活動を紹介して下さい。紹介文は1,000字以内でお願いします。

 ★シニアネットやアドバイザー養成団体の活動を紹介いたします。
  日頃取り組んでいる活動についてお知らせ下さい。シニアネット/養成講座実
  施団体訪問コーナーで紹介したいと思います。

 ★スキルアップについて掲載して欲しい内容などがありましたら遠慮なくご連絡
  下さい。またスキルアップについての投稿もお待ちしています。

                            (制作担当:臼倉)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ 関連のサイト ■□■

 ●シニア情報生活アドバイザー制度の紹介
  http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/

 ●シニアネット交流広場
  http://nmda-snr.saloon.jp//
  シニア情報生活アドバイザー専用ページへのログインは
  ID、パスワードとも nmdasa と入力してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ シニア情報生活アドバイザーマガジンのバックナンバー ■□■

  http://senior-net.sub.jp/mlma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このメールは、シニアの情報支援に携わっている方に配信しております。
 ■このメルマガは必ず目を通して下さい。時々重要なお知らせを掲載している
  場合があり、ご覧いただけないと不利益になる場合がございます。
 ■配信停止またはE-Mailアドレス変更の手続きは下記に連絡して下さい。
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■発行元/発行責任者
  シニア情報生活アドバイザー事務局
  〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町3−2 リブラビル地下1階
        一般財団法人ニューメディア開発協会内
  TEL:03−6892−5034 FAX:03−6892−5029
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■制作担当:臼倉登貴雄(メロウ・マイスター)
       tokio@usukura.com
posted by NETMKスタッフ at 16:31| 兵庫 ☀| Comment(0) | NETMK活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

 神 戸 市 立 森 林 植 物 園〜森からの便り〜メールマガジン 2020年04月29日号


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   ▲         神 戸 市 立 森 林 植 物 園
  ▲▲▲   ▲    〜森からの便り〜
 ▲▲▲▲▲ ▲▲▲   
   □    □    メールマガジン 2020年04月29日号
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 神戸市立森林植物園は、神戸市の六甲山の一角に世界の森をゾーン別に展示する、1940年
に創
設された樹木植物園です。
 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 _________________________________
  このメールマガジンはテキスト形式で配信しています。
  等幅フォントで表示する(すべての文字がおなじ幅で表示される)と
  読みやすくなります。
  記事内のリンクアドレスが折返されて機能しない場合は、アドレスを
  コピーしてお使いのブラウザのアドレス欄にペーストしてアクセス
  してください。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ネットメディアこうべ様


 新型コロナウイルス感染症対策における緊急事態宣言発令にともない、
 4月11日(土) から5月6日(水・祝)まで、臨時休園としておりましたが、
 5月31日(日)まで期間延長 となりました。
 ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 なお、ハイキングでの通り抜け(9時〜16時半の間)は可能です。
 ただし、施設、駐車場は利用できません。



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 メールの配信中止、送信先の変更について
 メルマガ登録・停止・メールアドレスの変更はすべて自動で行って
 おりますので、下記よりお願いいたします。

 ▼配信停止・アドレス変更はこちら▼
 https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j01g9gq05xi6q0aw2ijCM


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


 ご意見、ご感想は arboretum@kobe-park.or.jp  までどうぞ。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 配信 神戸市立森林植物園
 電話 078-591-0253  E-Mail arboretum@kobe-park.or.jp
 ホームページ https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j01gagq05xi6q0aw2i81P
フェイスブック https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j01gbgq05xi6q0aw2iKhL
インスタグラムhttps://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j01gcgq05xi6q0aw2iuWg
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『神戸市立森林植物園』に掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
           Copyright 神戸市立森林植物園
posted by NETMKスタッフ at 08:49| 兵庫 | Comment(0) | NETMK活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

神 戸 市 立 森 林 植 物 園〜森からの便り〜


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
   ▲         神 戸 市 立 森 林 植 物 園
  ▲▲▲   ▲    〜森からの便り〜
 ▲▲▲▲▲ ▲▲▲   
   □    □    メールマガジン 2020年04月10日号
⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*

 神戸市立森林植物園は、神戸市の六甲山の一角に世界の森をゾーン別に展示する、
1940年に創設された樹木植物園です。
 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
 _________________________________
  このメールマガジンはテキスト形式で配信しています。
  等幅フォントで表示する(すべての文字がおなじ幅で表示される)と
  読みやすくなります。
  記事内のリンクアドレスが折返されて機能しない場合は、アドレスを
  コピーしてお使いのブラウザのアドレス欄にペーストしてアクセス
  してください。
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ネットメディアこうべ様

  新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐため、神戸市の対応方針に従い、、
 4月11日(土)から5月6日(水・祝)まで臨時休園いたします。
 ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 なお、ハイキングでの通り抜け(9時〜16時半の間)は可能です。
 ただし、施設・駐車場はご利用していただけません。 
 


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

 メールの配信中止、送信先の変更について
 メルマガ登録・停止・メールアドレスの変更はすべて自動で行って
 おりますので、下記よりお願いいたします。

 ▼配信停止・アドレス変更はこちら▼
 https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j0geheq05x7jka6tg7iWI


▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼


 ご意見、ご感想は arboretum@kobe-park.or.jp  までどうぞ。
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
 配信 神戸市立森林植物園
 電話 078-591-0253  E-Mail arboretum@kobe-park.or.jp
 ホームページ https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j0geieq05x7jka6tg7GL6
フェイスブック https://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j0gejeq05x7jka6tg7Aaz
インスタグラムhttps://k.d.cbz.jp/t/vlp9/j0gekeq05x7jka6tg7EXD
+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+
『神戸市立森林植物園』に掲載された記事を許可なく転載することを禁じます。
           Copyright 神戸市立森林植物園
転載責任者 ネットメディアこうべ  滝口 幸男
posted by NETMKスタッフ at 14:50| 兵庫 ☀| Comment(0) | NETMK活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月31日

シニア情報生活アドバイザーマガジン  (第188号−2020年3月31日)


=================================
   シニア情報生活アドバイザーマガジン  (第188号−2020年3月31日)

  □■□■□■□■□■
  ■        □
  □ MELLOW ■                        
  ■        □    発行:一般財団法人ニューメディア開発協会
  □■□■□■□■□■        シニア情報生活アドバイザー事務局

 □===============================

□  <目次> 

 □===============================

[トピックス]

 ●R2年度のシニア情報生活アドバイザー更新手続きのご案内

 ●令和2年度「 デジタル活用支援員推進事業 地域実証事業」の公募の
  お知らせ

 ●スキルアップテキスト発刊

 
[スキルアップ講座]

 ●Zoomでビデオ会議しませんか

        −−− メロウ・マイスター 臼倉登貴雄 −−−

[参考情報・資料]

 ●スキルアップテキストのリンク先一覧

 ●新 Microsoft Edge の Windows Updateを通じた配信は延期

 □===============================

□  トピックス

 □===============================

 ●R2年度のシニア情報生活アドバイザー更新手続きのご案内

 令和2年度のシニア情報生活アドバイ ザー資格認定の更新手続きを開始いたしま
した。

 今年度更新の対象となる方には、アドバイザー資格を取得された団体もしくは前
回更新講座を受講された団体より更新のお知らせが届いているはずですので、受講
されますよう願いします。

 有資格の方は、有効期間は3月31日でも、その所属団体が更新講座を実施され
るまでは有効ですのでご安心下さい。

 早い団体ではすでに更新講座を実施中のところもありますが、今年度は全国的な
新コロナウイルス感染の影響により通常活動に支障をきたしている団体も多くあり、
今のところ9月中までに終了することを目途にしています。

 現在、総務省では数年後から全国におい「地域デジタル支援員制度」を実施され
る予定であり、各種のICT資格をお持ちの方を活用される可能性が有ります。

 まさに「シニア情報生活アドバイザー」制度の真価を発揮する時と思われますの
で対象者の方は今回の更新講座を受講いただきますようお願いします。

 なお、更新時に引っ越しやメールアドレスの変更により所属の団体より更新連絡
の案内がなかった方につきましては救済処置が可能です。

 更新はしたいが諸般の事情により、その団体では更新されたくない等の方がござ
いましたなら、ぜひ事務局川村までご相談ください。(ご相談内容の秘密は厳守さ
せていただきます)

 本件連絡先:川村  kawamura@nmda.or.jp

 ●令和2年度「 デジタル活用支援員推進事業地域実証事業」の公募のお知らせ

 総務省より今年度の「デジタル活用支援員推進事業 地域実証事業の公募」が掲載
されました。

 本件については総務省が数年後から全国の自治体において「デジタル活用支援員」
を任命し、身近な地域においてPC、スマホ、デジタル家電等のICTに関しての
疑問を教えていただくという計画です。

 最終的には全国市町村に2万人を配置する構想で、今年度は全国で10カ所程度
の自治体で実験を予定しております。(19年度は鎌倉市と島原市で実施)

 今回の公募に応募するのは自治体と協議会を構成するのが要件となっており、
応募のためには自治体にご参加していただくことがと必須条件ですので、皆様方に
はぜひお心当たりの有る自治体とともにご応募いただければと存じます。

 協議会には自治体の他にシニアネット団体の他にも各種の地元の複数団体が参加
することが想定されており、地元自治体と関係の深い他団体、企業とともに応募さ
れてはいかがでしょうか。

 また、団体としてではなく個人としてもシニア情報生活アドバイザー、スマホア
ドバイザー/マスターの資格をお持ちの方は各市町村が募集する「デジタル活用支
援員」に応募して地域社会へのご貢献をいただければ「シニア情報生活アドバイザ
ー」制度がまさに真価を発揮する時と思います。

 総務省 公募へのリンク

 https://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu02_02000266.html

 応募の締切は 5月15日 14:00

 
 本件についてのご質問がございましたならば 事務局 川村まで
 kawamura@nmda.or.jp メールをお願いします。
 なおメールに電話番号をお知らせいただければ折り返し連絡させて
 いただきます。 

●スキルアップテキスト発刊
  2020年版「スキルアップ研修テキスト」が発行されました。
  更新者以外でもご希望の方には、有料(¥800円)で販売いたします。
  メールで事務局(sa@nmda.or.jp )宛て申し込みください。  

 □===============================

□  スキルアップ講座

 □===============================

 ●Zoomでビデオ会議しませんか

        −−− メロウ・マイスター 臼倉登貴雄 −−−

−はじめに−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 前号(187号)では「TeamViewerでスマホの画面をミラーリング」を掲載しまし
た。

 そして、前号の最後に「TeamViewer」の商業利用の判定でブロックされて使用で
きなくなったことを報告しました。

 その後、「TeamViewer」に個人利用の申請をしましたが、既に、一か月経っても
回答は来ておりません。

 依然としてブロックされた状態です。

 商業利用に判定されたのは、恐らく、前号の紹介の原稿を作成するのに、少なく
とも10数台のデバイスで試した結果かと思われます。

 今号では、その原因や対応策を掲載するつもりで原稿を準備しました。

 ところが、先月から急速に発生した新型コロナウイルスの感染拡大により、
在宅勤務やテレワークが推奨され取り入れられています。

 また、各地のシニアネットでも会合や講座を中止または延期している状況にあり
ます。

 そんな中で注目されているのが、ビデオ会議(Web会議とも言う)ができるツール
(アプリ)です。

 したがって、今号は、急遽、ビデオ会議のアプリについての紹介に変更いたしま
した。

 ビデオ会議用のアプリは、有料・無償ともに数多くあります。

 中でも、無償でも使用できる「Zoom(ズーム)」というアプリが、ビデオ会議の
主催者がアカウント登録していれば、参加者はアカウント作成の必要がないという
ことで注目されています。

 その特徴の仕組みは、簡単に言うと、ビデオ会議を主催(ホスト)する者がミー
ティングIDとパスワードが一体化したURLを参加者(ゲスト)にメールで送信し、
参加者はメールに記載されているURLにアクセスすると参加できるというものです。

 https://zoom.us/

 使用するに当たっては、100名まで無料で接続可能です。

 動画・音声の保存も簡単にできます。

 ※講座の内容保存や動画教材作成には便利です。

 参加者をグループごとに分けたりという独自の機能もあります。

 但し、無償での使用は、参加者が3名以上だと40分の通話制限があります。

 ※ネットで調べると警告はでるが、使用を続けられるとありましたが確認はして
いません。

 https://kigyolog.com/tool.php?id=63

 機能としては、チャット機能、ホワイトボード、画面共有、ファイル共有、個人
の情報を保存しておくパーソナルスペースなどあります。

 Webブラウザでも参加できます。

 ※ブラウザによって使用できる機能に制限があります。Chromeだと完璧です。

 では、Zoomの使用方法について紹介します。

 今回は、ミーティング機能についてです。

1.Zoomの使用方法 主催者(ホスト)側での準備

 Zoomを使用するには、主催者(ホスト)側での準備があります。

1-1 Zoomのサイトでサインアップしてアカウントを作成します。

 下記のサイトでサインアップします。

 https://zoom.us/signup

1-2 メールアドレスを入力しますと「Zoomアカウントをアクティベートしてくだ
さい」の件名のメールアドレスの認証メールが送られますので、メールを開き
「アクティブなアカウント」をクリックしてください。

1-3 続いて、表示された「Zoomへようこそ」のページで氏名とパスワード入力し
「続ける」をクリックします。

1-4 「仲間を増やしましょう。」ページでは、必要なら仲間のメールアドレスを
入れて招待してください。必要なければ「手順をスキップする」をクリックします。

1-5 「テストミーティングを開始。」のページにある「ご使用のパーソナルミーテ
ィングURL:https://us04web.zoom.us/j/2820149***」が自分のアカウントになりま
す。

1-6 「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックしますとZoomアプリがダウン
ロードされてアプリが起動され使用できるようになります。

2.Zoomの使用方法 参加者(ゲスト)側での準備

 参加者(ゲスト)としてZoomを使用するには特に事前準備は不要です。

 但し、主催者(ホスト)からメールで事前に教えてもらったミーティングのURLを
クリックしますと自動でアプリがダウンロードされ、その後に会議に参加すること
になります。

 ※自動でアプリがダウンロードされ無い場合はページの中央にある「ダウンロー
ド」をクリックします。

 ※事前に、ストアからZoomアップをダウンロードおくと手間が省けます。

3.主催者(ホスト)側のパソコンのZoomアプリの使用方法

3-1 パソコンのZoomアプリを起動します。

3-2 ホームにある「新規ミーティング」アイコンをクリックします。

3-3 「どのようにオーディオ会議に参加しますか?」のメッセージ画面が表示され
たら、先ず、「コンピューター オーディオのテスト」をクリックして「スピーカ
ー」と「マイク」のテストを行ってください。

3-4 テストして問題が無かったら「コンピューターでオーディオに参加」をクリッ
クしてください。

 ※この画面を以後表示させたくない場合は、下部にある「ミーティングへの参加
時に、自動的にコンピューターでオーディオに参加」にチェックを入れて「コンピ
ューターでオーディオに参加」をクリックします。

3-5 自分の顔が表示された画面が起動します。

 ※仮想背景の設定をすると顔を表示させなくできます。

3-6 ビデオ会議に、参加者を招待するために下部にあるメニューバーの左から3番
目の「招待」ボタンをクリックして「ミーティングに参加するように相手を招待」
画面の下部にある「招待のコピー」をクリックしますとミーティングのURLがコピー
できます。

 「招待のコピー」には下記の内容が記載されています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Zoomミーティングに参加する
https://zoom.us/j/736292***?pwd=OTk1aENtdktWVjlPSm1kcU92aUxDdz09

ミーティングID: 736 292 ***
パスワード: 664***

ワンタップモバイル機器
+81524564439,,736292997# 日本
+81345781488,,736292997# 日本

所在地でダイアル
+81 524 564 439 日本
+81 3 4578 1488 日本
+1 646 558 8656 アメリカ合衆国 (ニューヨーク)
+1 408 638 0968 アメリカ合衆国 (サンノゼ)
ミーティングID: 736 292 997
市内番号を検索: https://zoom.us/u/aeJb6xHEx3
−−−−−−−−−−−−−−−−−

 なお、左端の「URLのコピー」には下記の内容のみ記載されています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
https://zoom.us/j/736292***?pwd=OTk1aENtdktWVjlPSm1kcU92aUxDdz09
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ※ミーティングIDをロックする機能があります。省略

3-7 「ミーティングに参加するように相手を招待」画面の上部左側の「メール」を
クリックして、招待するメールサービスをクリックしますと、メール送信が自動的
に作成されますので、宛先にメールアドレスを入力して送信します。

3-8 招待者が「Zoomミーティングに参加する」に記載されているURLをクリックし
ますと接続が開始されますので待ちます。

 ※便利なミーティングのスケジュール機能もあります。省略

4.参加者(ゲスト)側でのパソコンのZoomアプリの使用方法

4-1 招待者から送られてきたメールの「Zoomミーティングに参加する」に記載され
ているURLをクリックしますと接続が開始されます。

 ※初めての場合は、主催者(ホスト)からメールで事前に教えてもらったミーテ
ィングのURLをクリックしますと自動でアプリがダウンロードされ、その後に会議に
参加することになります。

 ※2回目以降は、自動で会議に参加できるようになります。

 ※自動で開始されない場合は、Zoomアプリのホームにある「参加」アイコンを
クリックして、メールに記載されているミーティングIDそしてパスワードを入力し
「参加」ボタンをクリックしますと接続されます。

5.パソコンのZoomアプリの終了

5-1 ミーティング画面の右下にある「ミーティングを退出」をクリックします。

5-2 「このミラーリングから退出しますか?」のメッセージ画面の「ミーティング
を退出」をクリックします。

5-3 Zoomアプリの右上の閉じる「×」をクリックします。

6.スマホやタブレットでZoomミーティングに参加する方法

6-1 主催者(ホスト)から送られてきた招待メールの「Zoomミーティングに参加す
る」に記載されているURLをクリックしますと、ストア(Android端末では
GooglePlay、iPhoneではApp Store)のZoomアプリのダウンロード画面が開きます。

6-2 下方向にスワイプすると「GooglePlayからダウンロード」(Androidの場合)
と「Zoomからダウンロード」がありますのでどちらかをタップします。

6-3 インストール画面が開きましたら「インストール」をタップします。

 ※アプリ名が「ZOOM Cloud Meetings」であることを確認してください。

6-4 「アプリがインストールされました」の画面が開きましたら「このアプリが
アクセス許可する個人情報」の下にある「今後表示しない」の左側のチェックボッ
クスにチェックを入れ「最適化して開く」をタップします。

6-5 ミーティングの開始の画面が表示されたら左にスワイプしてZoomの説明を見ま
しょう。

6-6 次は、再度、主催者(ホスト)から送られてきた招待メールの「Zoomミーティ
ングに参加する」に記載されているURLをクリックします。

 ※下記の方法でも参加できます。

 主催者(ホスト)から送られてきた招待メールを開きミーティングIDに記載され
ている9桁の数字をコピーします。

 Zoomアプリに戻り「ミーティングに参加」をタップします。

 「ミーティングに参加」画面の会議室名で参加にコピーした数字を張り付けます。

6-7 アプリで開く画面のZoomをタップします。

6-8 下部に「1回のみ」と「常時」のボタンがありますので「常時」をタップし
ます。

6-9 「名前を入力してください」のメッセージが表示されますのでご自身の名前を
入力して「OK」をタップします。

6-10 「ズームへのアクセスを許可してください」のメッセージ画面では「了解」
をタップします。

6-11 「Zoomに音声の録音を許可しますか?」のメッセージ画面では「許可」を
タップします。

6-12 「デバイスオーディオを介して通話」と「ダイヤルイン」のメッセージ画面
では「デバイスオーディオを介して通話」をタップするとマイクが使用できる状態
になります。
 ※マイクの使用を止める場合は、再度タップします。

6-13 メニューバーの「ビデオの開始」ボタンをタップしまと「Zoomに写真の記録
を許可しますか?」のメッセージ画面では「許可」をタップしますと主催者のZoom
に顔が表示されるようになります。

 ※顔を表示させたくない時は、再度タップします。

6-14 ビデオ会議を止める場合は、画面上部にある「退出」をタップし表示された
画面の「ミーティングを退出する」をタップします。

7.スマホやタブレットでZoomミーティングを開催する方法

7-1 先ず、Zoomミーティングを開催するにはアカウントの作成(サインアップ)が
必要です。

7-2 サインアップは、「1.Zoomの使用方法 主催者(ホスト)側での準備」に
記載の方法でパソコンから取得する方法やZoomアプリをインストールしてから取得
する方法があります。

 ※インストールするアプリは「ZOOM Cloud Meetings」です。

 ※一度、Zoomミーティングに参加していればインストールされています。

7-3 スマホでアカウントを取得するには、Zoomアプリを起動してサインアップし
ます。

 ※既に、パソコンでアカウントを取得していれば、そのアカウントのメールアド
レスとパスワードでサインインできますが、別のスマホ用のアカウントもあると
使い分けができるので便利です。

7-4 Zoomアプリを起動しますと下部の左側に「サインアップ」がありますので、
それをタップします。

7-5 サインアップ画面では、メールアドレスと名と姓を入力して「サービス利用
規約に同意します」の「〇」をタップし、右上の「サインアップ」をタップしま
す。

7-6 入力したメールアドレスに「Zoomアカウントをアクティベートしてください」
の件名のメールアドレスの認証メールが送られますので、メールを開き「アクティ
ブなアカウント」をクリックしてください。

7-7 表示された「Zoomへようこそ」のページでパスワード入力し「続ける」を
クリックします。

7-8 「仲間を増やしましょう。」ページでは、必要なら仲間のメールアドレスを
入れて招待してください。必要なければ「手順をスキップする」をクリックしま
す。

7-9 「テストミーティングを開始。」のページにある「ご使用のパーソナル
ミーティングURL:https://us04web.zoom.us/j/2820149***」が自分のアカウント
になります。

7-10 Zoomアプリに戻りま下部の右側にある「サインイン」がありますので、
それをタップします。

7-11 「サインイン」画面で、登録した「メールアドレス」と「パスワード」を
入力して「サインイン」をタップします。

7-11 「"Zoom"がカレンダーへのアクセスを求めています」のメッセージ画面が
表示されたら「OK」か「許可しない」をタップします。

7-12 「"Zoom"は通知を送信します。よろしいですか?」のメッセージ画面が
表示されたら「許可」をタップします。

7-13 「パスワードの保存」のメッセージ画面が表示されたら「パスワードの
保存」か「後で行う」をタップします。

 以上が、サインアップです。

 ここからが、ミーティングを開始になります。

7-14 ミーティングを開始するには、ホーム(メニューバーの左端)の上部にある
「新規ミーティング」アイコンをタップします。

7-15 「ミーティングの開始」画面では、顔をカメラで映したくない時は
「ビデオ」ボタンで「オフ」にします。「個人ミーティングID」は「オフ」のまま
で良いでしょう。

7-16 「ミーティングの開始」をタップします。

7-17 「"Zoom"がカメラへのアクセスを求めています」のメッセージ画面が表示さ
れたら「OK」か「許可しない」をタップします。

 ※初回だけ表示されます。

7-18 「"Zoom"がマイクへのアクセスを求めています」のメッセージ画面が表示
されたら「OK」をタップします。

 ※初回だけ表示されます。

7-19 「他のユーザーの音声を聞くにはオーディオに参加してください」の
メッセージ画面では「インターネットを使用した通話」をタップします。

7-20 メニューバーの「参加者」(左から2つ目)をタップします。

7-21 「参加者」画面のメニューバーの「招待」をタップします。

7-22 「メールの送信」「メッセージの送信」「連絡先の招待」「URLのコピー」
が表示されたら参加者を招待する方法を選択します。

 ※「メールの送信」をタップしてメールアドレスを入力して送信ボタン(右上)
をタップします。

7-23 後は、招待者が参加してくるのを待ちましょう。

 ※メニューバーの「予約」をタップしてミーティングのスケジュールを決めで
招待する方法もあります。この方法が参加の待ち時間のロスが無くて良いでしょ
う。

 以上が、Zoomのミーティング機能の最小限の使用方法です。

 特記:

 Microsoft の Skype にも、Skype アカウントがなくても参加できて、Skype を
インストールしていなくても、ゲストとして Webで参加できる「今すぐ会議」機能
があります。

 「今すぐ会議」(左上の「会議」ボタン)をクリックして、「招待を共有」を
クリックして、会議参加用のURL(リンク)を招待者に流せば誰でもすぐに参加でき
ます。

 Skypeの「今すぐ会議」の詳細:

 https://support.skype.com/ja/faq/FA34926/jin-suguhui-yi-tohahe-desuka-mata-skype-denoshi-ifang-nitsuitejiao-etekudasai

 短縮URL:http://bit.do/fDkU7

 ※但し、使用できるブラウザーに制限があります。Firefoxでは下記のような
メッセージが表示されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 
 Microsoft Edge または Google Chrome を使用して、Skype for Web エクスペ
リエンスにアクセスしてください。

 または、Skype Web コントロールを使用するか、デスクトップコンピューターで
Skype をダウンロードしてください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 ※Skypeには、Zoomのように多くの機能はありませんが、ビデオ会議のみであれ
ば、簡単に使用できますのでお奨めです。

          記:臼倉 tokio@usukura.com
               http://www.facebook.com/usukura.jp

            シニア情報生活アドバイザー活動支援ページ
               https://www.facebook.com/sitadv/

 □==============================

□  参考情報・資料

 □==============================

 ●スキルアップテキストのリンク先一覧

 アドバイザーの登録更新で使用する「スキルアップテキスト」に掲載されている
情報のリンク先を下記に公開していますので、ご利用ください。

 http://senior-net.sub.jp/it-adviser/2020kousinlink.html
 または
 http://bit.do/fpZtj (短縮URL)

 ●新 Microsoft Edge の Windows Updateを通じた配信は延期

 前号でお知らせした、新 Microsoft Edge の Windows Updateを通じた配信は、
確定申告への影響を考慮し、令和2年4月17日以降になると掲載されています。

 https://blogs.windows.com/japan/2020/01/16/upgrading-new-microsoft-edge-79-chromium/

 短縮URL:http://bit.do/fDk3T

 なお、直接のダウンロードは下記よりできます。

 https://www.microsoft.com/edge

 □===============================

□  原稿募集

 □===============================

 ★アドバイザーやシニアネットワーカーの皆さんからの投稿をお待ちしています。
  日頃の活動を紹介して下さい。紹介文は1,000字以内でお願いします。

 ★シニアネットやアドバイザー養成団体の活動を紹介いたします。
  日頃取り組んでいる活動についてお知らせ下さい。シニアネット/養成講座実
  施団体訪問コーナーで紹介したいと思います。

 ★スキルアップについて掲載して欲しい内容などがありましたら遠慮なくご連絡
  下さい。またスキルアップについての投稿もお待ちしています。

                            (制作担当:臼倉)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ 関連のサイト ■□■

 ●シニア情報生活アドバイザー制度の紹介
  http://www.nmda.or.jp/mellow/adviser/

 ●シニアネット交流広場
  http://nmda-snr.saloon.jp//
  シニア情報生活アドバイザー専用ページへのログインは
  ID、パスワードとも nmdasa と入力してください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■□■ シニア情報生活アドバイザーマガジンのバックナンバー ■□■

  http://senior-net.sub.jp/mlma/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■このメールは、シニアの情報支援に携わっている方に配信しております。
 ■このメルマガは必ず目を通して下さい。時々重要なお知らせを掲載している
  場合があり、ご覧いただけないと不利益になる場合がございます。
 ■配信停止またはE-Mailアドレス変更の手続きは下記に連絡して下さい。
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■発行元/発行責任者
  シニア情報生活アドバイザーマガジン  (第188号−2020年3月31日)

事務局
  〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町3−2 リブラビル地下1階
        一般財団法人ニューメディア開発協会内
  TEL:03−6892−5034 FAX:03−6892−5029
  E-mail:sa@nmda.or.jp
 ■制作担当:臼倉登貴雄(メロウ・マイスター)
       tokio@usukura.com

転載 責任者  一般社団法人 ネットメディアこうべ
         代表理事(シニア情報生活アドバイザー) 滝口 幸男
posted by NETMKスタッフ at 18:56| 兵庫 ☁| Comment(0) | NETMK活動記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする